鉤針で編んだリカちゃんの膝丈までの赤色コートとつば広帽子

鉤針で編んだリカちゃんの膝丈までの赤色コートとつば広帽子です。
↓リカちゃん作品
http://yakitorifamily.web.fc2.com/_yaki2919/handlicca/liccachansakuhin.html
↓編み方memo
http://yakitorifamily.web.fc2.com/_yaki2919/handlicca/amikatamemo_2013012601_liccachan_redCoat_redWideBrimmedHat.pdf

鉤針5号(3mm)/アクリル100%(赤色:合細)

膝丈までの赤色コートを編む
膝下から肩に向かって編む(身頃丈12cm)
◆鎖編み50目→立上りの鎖目1目◆で編み始め
後ろ身頃と合わせる
左右の袖を編む(袖丈6cm)
ボタンホールを編む(幅約2cm)
襟を編む(襟幅2.5cm)
力ボタンを編む(全部で3つ編みます)
ボタンを付ける(黒ボタン3個)
糸の始末をしてできあがり


袖を編んでいる所
画像
画像
ボタンホールを編んでいる所
画像
襟を編んでいる所
画像
画像
力ボタンを編んだ所
画像
ボタンの付け位置に印(安全ピンなどで)を付けている所
画像
画像
後ろから見た所
画像
力ボタンの付け糸を針に通している所
画像
ボタンを付けている所
画像
画像
画像
ボタンを付けた所
画像
ボタンの裏側に力ボタンを付けた所
画像
真ん中やや下のうっすらと丸く見える箇所が力ボタンです。
見えにくくて申し訳ないです(>_<)。
サイズが小さく留めにくいので力ボタンを付けることに。
この力ボタン、裏で見えないのですが見えない箇所こそ拘りをのポリシーなんで(笑)。
場所を丹念に確認しながら付けました。物凄い拘ってます。裏自慢(笑)。
画像
出来具合を確認している所
画像
ボタンを留めている所
画像
ボタンを付け終わった所
画像
糸の始末をしている所
画像
できあがり/後ろから見た所
画像

つば広帽子を編む
◆輪編み→細編み10目◆で編み進め
増目しながらトップ・サイド・ブリムと編んでいく

上から見た所
画像
被り口部分(つば広帽子の裏側)1
画像
被り口部分(つば広帽子の裏側)2
画像
できあがり全体はこんな感じ
画像
着せてみるとこんな感じ
画像

細編みだけで簡単に編めるもの。しかも真っ直ぐ(笑)。
そう思って編んだのが今回の「膝下までの赤色コートとつば広帽子」です。

リカちゃんは何を着せても似合うんですね。
真っ赤なのに「くどさ」を感じないオーラ。凄いです(笑)。

「リカちゃんno.7手あみのドレスこまあみ」を見つけ、複数の図書館を探しましたが無くて
どうにもならないので、結局表紙を見つつイメージを作り膨らませ編んでいきました。

難しい編み方が出来なくても、それらしい作品は出来るという証明になりましたかね(笑)。
またいつか気が向いたら別の作品を編みたいと思います。いつかは未定ですけど(笑)。

こちらを見に来てくださった方、ありがとうございます。
また気が向いたら気軽にお越しくださいね(^-^)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント

レイ
2013年02月12日 06:04
きぃちゃん おはようございます^^
制作過程を見せて下さって嬉しいです。
ありがとう~^^

50年代チックな感じが却って新しいですね。
これを製図なしで作っちゃうきぃちゃんは凄いと思います。
小さくても作るご苦労は同じなんだよね。
小さいからこそ大変かもしれない(^^ゞ
きぃ
2013年02月13日 19:00
レイさん、今晩は。忙しいのにありがとうございます。
本は出来上がり正面しか映さないじゃないですか。
私は後ろを見せて裏を見せて。と言いたい(笑)。
それだけで出来上がりのイメージが
作り易いと思うんです。
店長に言ったら自分で出せばと言われてしまいました。
そんなの無理なので此処で裏自慢でことで(笑)。

検索も「3玉で編めるもの・1玉で編めるもの」って
見たいのに案外ヒットしなくて探すの大変なんです。
なので、タイトルに玉数を入れてるんです。
要は自分が困ったことを少しでもクリアする様に。
リカちゃんは少しの量で済むので書きませんけど。

小さくても大きくても掛かる時間は
案外一緒で確かに小さい方が細かくて大変です。
ダーッと作りたい人には余計(笑)。
でも夢中になれると大変さも忘れて没頭(笑)。
そこが手作りの良い所なんでしょうね(^-^)。
いつも御訪問ありがとうございます。
それでは(^-^)。

この記事へのトラックバック